らくがんの保存について

平素より落雁諸江屋の商品をご愛顧賜りまして有り難うございます。
 花うさぎ、わび、今昔(いにしえ)、いろど里、喫茶草紙など
当社のお干菓子の保存方法について、よくお問い合わせを頂いて
おります。

 乾いたお菓子につきましては大気中の水分が賞味を悪く
してしまうもとになります。
ご自宅での保存では湿気の少ない場所(空き缶などございましたらその中に入れて)
にて保存下さい。

 長雨の季節(梅雨や秋の台風シーズン)には特にご注意を頂けますと
いつまでもおいしく召し上がって頂くことが出来ます。

特に今年の9月になってからの天候は湿度がいつもの年より強く
感じます。一部保存方法でご迷惑をおかけしているお客様も
おられるようで、誠に申し訳ございません。

また、冷蔵庫での保存もよくご質問を頂きますが、
確かに冷蔵庫に入れてある期間は大丈夫なのですが、
取り出してしばらくしますと結露をいたしますので、
その際は必要量だけを取り出していただき、
再び冷蔵庫にて保存して頂くか、湿度の低い日に
取り出して乾燥した場所に移していただく事を
お薦めいたします。
                平成27年9月 
                落雁諸江屋 店主

ニュース — @ 2013年10月5日 1:18 PM

ご贈答送料無料キャンペーン

いつも落雁諸江屋ネットショップにご来店いただき誠に有り難うございます。

落雁諸江屋のネットショップにおきましては
・夏-お中元キャンペーン- 7月1日~8月15日
・冬-お歳暮・御年賀- 12月1日~1月15日
のご贈答期間中の送料無料キャンペーンを実施いたしております。
 上記の期間中、お客様よりご依頼を頂きまして、
諸江屋より直接先方様へのお届け、またはそのご予約で1件あたりの合計金額4,000円(税抜)以上
の商品をお贈答ギフトとしてお届けする際の「ゆうパック送料」をサービスさせていただきます。

「ゆうパック」に協力頂きまして特別価格が実現した事によるサービスです。
ご自宅への配送につきましては対象となりませんので、ご容赦下さいませ。
先着申し込み1000件までのサービスとなります。
お早めにお申し込み下さいませ。

ニュース — @ 2013年8月15日 11:47 AM

東京・丸の内KITTEグランシェ店


東京丸の内JPタワー地下1階のKITTEグランシェ店

当店の東京における初の直営店舗です。「花うさぎ」や「生らくがん」をはじめ、「最中」や生らくがんにチョコレートをコーティングした「千代古禮糖&美人」など東京店限定商品もございます。

東京駅にお出掛けの節には是非ともお立ち寄り下さいませ。

                
                       落雁諸江屋
                        取締役社長 諸江  隆

ニュース — @ 2013年3月14日 3:12 PM

落雁諸江屋にし茶屋菓寮

金沢・野町 にし茶屋街に落雁諸江屋にし茶屋菓寮がございます。
野町広小路交差点を金沢西インター方面に下って50m。にし茶屋街入口にあります。

店内奥には菓寮「味和以(あじわい)」もございます。

小さな庭を望む落ち着いた店内では季節の上生菓子や御干菓子、能登小豆ぜんざいや白ごましるこが味わえます。自分で餅を焼いて入れるぜんざいやおしるこが人気です。
6月~9月は夏メニュー(宇治金時かき氷が人気です)
10月~5月は冬メニュー(能登大納言ぜんざいが人気です)

 

金沢市野町2丁目26番1号
(076)244-2424
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間:3月~10月 10時~18時 11月~2月の平日 10時~17時30分
年末年始は12月24日~1月4日までは休業をさせて頂きます。

ニュース — @ 2012年2月16日 4:36 PM

辻占福寿草の中紙の解釈について

 当社のお正月用の菓子「辻占福寿草」に入っております紙札の解釈につきまして
お問い合わせをいただいております。
 
 お正月にご家族の皆様で開けてみて「これは・・・?」「こんな意味かな?」「こういう意味もあるね。」
などと首を傾げたり、笑いを誘ったりしていただけたならと明治時代に書かれました
「なぞかけ本」の文章をそのまま使わせていただいております。

 ちょっと難しいもの、金沢弁そのままのもの、艶っぽくて子供には・・・、などございますが、
大人の解釈でお楽しみ下さい。
仲間どうしでナゾの解き合いなんかもお正月の一興かも知れませんね。

よくお問い合わせをいただく物につきまして解説をさせていただきます。

・はやくる
  糸巻きの絵がございまして、金沢弁では糸をたぐる事を「糸をくる」と言います。
  糸を早くたぐれれば楽ですし、仕事が早く終わるので良いと解釈しております。
・なによりごすき
  松茸の絵が描かれていて、ちょっと艶っぽい意味も隠れています。
・ろんにかち
  討論に勝って商品にお酒を貰って・・・と解釈しています。
・ひろげておるぞ
  貝は焼いても煮ても食べ頃になると口を開けます。また艶っぽい意味も隠れてます。
・こしぬけるほど
  和ばさみが描いてあって、道具はこしが抜けるほど大切に。という意味です。
・ねてはもうかる
  寝ていても儲かるのは理想ですね。明治期の遊郭も現しているのではないでしょうか。
・ままになりたい
  枡に入った米がお釜で炊かれてご飯(まま)になる。美味く(上手く)なれば・・・
・とてもごすき
  かぼちゃの絵です。女性の好きな物のひとつにかぼちゃがありますが、
  少し揶揄を込めて「ご」を付けているようです。
・りんきもこいぞ
  りんき(やきもち)の炎と鹿の角を掛けています。
・いさぎよい
  武士の潔さを描いております。
・つごうがよい
  そろばんに合う。勘定が合っているという意味です。
・志めるとよい
  太鼓は紐を締めると音が良くなるという意味です。
・きてほしい
  「かっぱ」の絵ですが、着て欲しいという意味と格好良い人に来て欲しいの意味を掛けています。
・くちをすうて下んせ
  水を引いた管です。吸えば水が出ると言う意味と「キスして下さい」を掛けているのでは・・・
・おもいがよい
  漬物です。石(意志)が重いほど良い。
・てんがはれての
  笠と雨傘の絵です。雨が止み晴れ上がって良かったという意味では・・・
・にぎやかな
  旗さしものが上がって戦勝祝いでしょうか。賑やかな様子です。
・ほれたなか
  臼とかんなが描かれています。彫れた仲とのかけことばです。
・むねに志っかり
  ひょうたんを下げる紐はくびれにしっかりと結ぶと言う意味。
・わって下され
  貝か石が描かれているようです。割ると良いことがあるような・・・
  「殻を破る」とも言いますね。
・ぬしはがなれん
  すり鉢とすりこ木が描かれています。どちらが無くても役に立ちません。
  相性ピッタリ、身を削り役に立つ・・・・・
・もうよいぞ
  「飲みごろですよ」「飲み過ぎですよ」どちらにも解釈できますね。
・よくよくきめた
  蒸籠を作っているのでしょうか?しっかりはまっている様子です。
・かならずおいで
  下足を揃えて「いってらっしゃい」。無事に帰っての願いを込めているのでしょうか。
・ぜんハいそげ
  善は急げと読んで下さい。
・志んからよい
  ロウソクの芯が太くて良いロウソクだと明るく長持ちする事から、人も芯が良いといいと懸けている。
・げいこでのめる
  芸妓で飲める。芸者を挙げてドンチャン騒ぎ。景気の良い話しですね。
・ひそひそはなし
  枕を並べて男女がひそひそと話しをする様で、夫婦が仲の良い様を表しています。
・たよりをまつ
  「便りを待つ」「頼りを待つ」言葉は掛かっているのかもしれませんが、音信の無かった友に
  便りをしてみると、面白い話しが聞けたりするものですよね。
・だれもすく人
  「お多福さん」は見た目は・・・・?ですが、誰にも好かれる働き者です。
・すえひろ
  広げた扇が描かれています。末広がりの目出度い絵柄です。
・るす事のだご
  留守事は留守番、だごは団子(金沢弁です)
  留守においしいことが・・・・・

これまでにお問い合わせを頂いた物を紹介いたしました。
絵と言葉の判断は自由です。その時々の感情や気分で解釈も違ってくるのかも
知れません。言葉遊びとしてお楽しみ下さい。

                         取締役社長 諸江  隆

ニュース — @ 2009年1月10日 12:05 PM

著書「加賀百万石ゆかりの菓子」を販売

落雁諸江屋6代目当主が半世紀にわたり調べ、再現し考察をくわえた
著書「加賀百万石ゆかりの菓子」を販売いたしております。
御入店はこちらから

加賀百万石の城下町「金沢」が「菓子どころ」と呼ばれる事がよく解る一冊に仕上がっております。

ニュース — @ 2008年5月22日 8:12 PM

創業嘉永二年 落雁 諸江屋
石川県金沢市野町3丁目1の38
電話:076-241-2854  FAX:076-247-1849