金の霊澤

金の霊澤

その昔、この地に藤五郎と呼ばれる人がおり、好んで村人に自分の物を与える無欲恬淡な
性格の男でした。そんなある日、夢のお告げだからと云って、京より長者の娘が嫁いできました。
藤五郎は、娘が持って来た黄金を惜しみなく人に与えたところ、娘が嘆き悲しむので・・・

藤五郎はそんな黄金色に光るものなら、いつも掘る芋の根にあると言って、芋を洗いました・・・。
その洗った沢こそ、金の霊沢であり、金沢の地名の起りとなったといわれております。
「金の霊沢」は本練抹茶羊羹に、やわ煮栗入りの、金沢を代表する名菓にふさわしい味わいでございます。

【賞味日数】20日
【アレルギー表示】なし

------------

各店およびネットショップでお求めいただけます

通年商品のご案内 — @ 2008年7月2日 5:58 PM

創業嘉永二年 落雁 諸江屋
石川県金沢市野町3丁目1の38
電話:076-241-2854  FAX:076-247-1849