有職御婚礼盛菓子

四代藩主前田光高公以降、歴代加賀藩主の婚礼のほとんどは江戸の本郷邸で
行われている。文政10年(1827)、十三代加賀藩主前田斉泰公の正室となった
十一代将軍徳川家斉公二十一女溶姫の輿入れも、本郷邸に新築された御守殿であった。

その際の『御住居、御間飾絵図』によれば、御婚礼菓子が飾られたのは御化粧之間
である。床飾りとして掛物2幅、犬張子、蕨絹張(わらびきぬばり)、鳥子餅、御料理は
五三三御本膳、同二膳、同三膳、盃、銚子(さしなべ)、堤子(ひなげ)と並んで、
菓子が記されている。

では、いかなる菓子がどのように飾られたのか。かねがね気にかけていたところ、
平成10年(1998)に石川県立美術館で開催された『前田利為と尊經閣文庫』展の
図解を見て、積年の疑問が氷解した。大正14年(1925)2月の利為候と酒井菊子様の
本郷邸における婚礼写真中に、くだんの御婚礼菓子が載っていたのである。

それは、『有職厨具図 紀宗直(きむねなお)伝』に『折お框(おりひつ)菓子』として
記された有職の様式であった。写真のように、香立を施した器に若松と雌雄の鶴を
立て、中に饅頭が盛られている。器は5寸角と定められた、饅頭の大きさは直径
わずか1寸(3センチ)余りである。

この饅頭は金沢固有の酒饅頭ではなく、京都風の藷蕷(じょよ)饅頭だったと思われる。
前田家の慶弔儀式は公家のしきたりに則っていたからである。実際、山芋を使って
粘り気をもたせなければ、これだけ小さな饅頭を作ることは出来ない。いにしえの菓子の
実現を通して実地に学んだことのある1つである。

北國新聞 出版局 月刊「アクタス」より

【加賀ゆかりの菓子について】

この菓子は、加賀の菓子文化の歴史を再現するため特別に作られました。
そのため販売は一切しておりませんのでご了承くださいませ。

記・加賀百萬石 【加賀ゆかりの菓子】

現在発売中

B5版/185ページ/オールカラー
上製本/化粧ケース入り
定価10,000円(消費税込み)

お求めはこちらまで

百万石ゆかりの菓子 — @ 2008年3月26日 5:16 PM

創業嘉永二年 落雁 諸江屋
石川県金沢市野町3丁目1の38
電話:076-241-2854  FAX:076-247-1849