宮城野

『白露もこぼさぬ萩のうねりかな』

俳聖・松尾芭蕉がこう詠んだ萩は、秋の七草の筆頭に挙げられる花である。

「宮城野」は夢の中で咲く萩をモチーフにした金沢独特の風雅な菓子であり、
元禄期に成立した。干した紫蘇の実の一粒一粒に刷毛で紅白の砂糖蜜を塗ってあり、
紫蘇の香りと口に広がる蜜の甘みが高貴な女性を連想させる。この蜜は砂糖を
火にかけ、手でかき混ぜながら仕上げるが、加減が難しく熟練の技を要する。

13代加賀藩主前田斉泰公に11代将軍徳川家斉の21女溶姫が15歳で輿入れ
したのは文政11年(1828)11月である。以来34年間を加賀藩江戸上屋敷で暮らした
溶姫は、文久3年 (1863)4月、初めて金沢城に入った。が、冬の寒さに耐えかねた
ようで、わずか1年半で江戸に帰ることになった。元治元年(1864)10月、金沢城
二ノ御丸新殿で開かれたお別れの宴における床飾りの食籠に、「宮城野」が御所饅頭、
かるめらとともに飾られた記録が残る。また、14代加賀藩主前田慶寧公の明治4年の
献立表にも三の膳の後の菓子として登場する。さて、いったんは江戸に戻った溶姫だが、
幕末の動乱に翻弄されるように明治元年3月、再び金沢に戻り、同5月に56歳で亡くなった。
「宮城野」の雅な姿に、数奇な運命をたどった溶姫が重なり、哀れを誘われる。

「宮城野」はまた金沢の雛菓子の一つでもあった。前田家では「宮城野」を含む
18種を雛菓子とし、これを雛壇の高坏に盛った。器や菓子の大きさ、飾る数こそ違え、
家臣や庶民もそれに習い、桃の節句には同じ18種の菓子を飾ったのである。
この風習も大正期には途絶え、それとともに「宮城野」は幻の菓子となった。

北國新聞 出版局 月刊「アクタス」より

【加賀ゆかりの菓子について】

この菓子は、加賀の菓子文化の歴史を再現するため特別に作られました。
そのため販売は一切しておりませんのでご了承くださいませ。

記・加賀百萬石 【加賀ゆかりの菓子】

現在発売中

B5版/185ページ/オールカラー
上製本/化粧ケース入り
定価10,000円(消費税込み)

お求めはこちらまで

百万石ゆかりの菓子 — @ 2008年3月26日 4:16 PM

創業嘉永二年 落雁 諸江屋
石川県金沢市野町3丁目1の38
電話:076-241-2854  FAX:076-247-1849