亀の子煎餅

加賀藩祖前田利家公が金沢城に入城したのは天正11年(1583)6月14日である。
「加越能文庫」の「御入城の件」によれば、その際に「亀の子せんべい」が献上された
とある。献上者の名は記録にはないが、土地の有力者であったであろう。

製造者も不明だが、越中井波の瑞泉寺御用達の菓子屋.板倉家だったかもしれない。
浄土真宗の北陸布教の拠点だった瑞泉寺は、金沢にも強い影響力をもっていたからだ。
格式は申し分なく、板倉家は後に前田家御用達となっている。

古来、亀はめでたい動物とされ、有職故実にもしばしば登場する。「亀の子せんべい」は
亀の甲羅に似たせんべいの表に、これまためでたい紅の蜜を引いたもので、菓子製造
技術が未熟だった当事としては最高水準の菓子であり、「寿せんべい」の原型ともなった。

臼で挽いたもち米を蒸し、ついてもちにし、型に入れて焼き上げる。これを蒸気で湿らせ
亀甲にそらせ、乾かしてから蜜を引いた。

器は漆塗りの六足亀甲型の合折。紀宗直伝の有職厨具図(大友楼所蔵)を基に製作
したもので、本来は白木である。

北國新聞 出版局 月刊「アクタス」より

【加賀ゆかりの菓子について】

この菓子は、加賀の菓子文化の歴史を再現するため特別に作られました。
そのため販売は一切しておりませんのでご了承くださいませ。

記・加賀百萬石 【加賀ゆかりの菓子】

現在発売中

B5版/185ページ/オールカラー
上製本/化粧ケース入り
定価10,000円(消費税込み)

お求めはこちらまで

百万石ゆかりの菓子 — @ 2008年3月26日 3:58 PM

創業嘉永二年 落雁 諸江屋
石川県金沢市野町3丁目1の38
電話:076-241-2854  FAX:076-247-1849