君が代煎餅

かつて金沢市観音町に「笠間屋(かさまや)」なる煎餅屋さんがあった。
「君が代煎餅本舗」の看板を掲げていたが、昭和51年ごろに廃業した。
明治10年代から金沢市内で広く売られていた「君が代煎餅」は、これをもって姿を消した。

「君が代煎餅」は葵(あおい)の一葉形をした金沢だけの麦煎餅である。
焼き上げて数秒のうちに手の細工でかたどり、冷めてから生姜の蜜を塗ったものだ。
そのルーツに関する確たる資料はない。が、5代加賀藩主・前田綱紀(つなのり)公が
将軍家に献上したのが始まりではないかと推測される。元禄2年(1689)8月9日、
前田家は将軍家より、御三家に準ずる形での登城を許す旨、通知された。
その地位を伊井家と争っていた前田家にとっては、この上ない慶びである。
その祝いと御礼の意味で創案の上、初物として将軍家に献上したのが「君が代煎餅」
だったのではないか。葵の葉をかたどり、「君が代」と名づけたあたり、なかなか心憎い
ところをついたものと感心する。ただし、将軍綱吉の口に入ったかどうかは疑わしい。

献上品には序列がある。太刀を筆頭に、馬、金子(きんす)、羽二重、干鯛(ひだい)と
続き、菓子は中位以下なのである。しかも、将軍への献上であれば、三葉葵とした
はずである。当時、女性の肩紋は一葉であったことから推測すると、あるいは大奥絡みの
品だったかもしれない。

普通に盛ると駄菓子めくが、今回、杉製の四足亀足(よつあしきそく)に献上盛りしたところ、
それなりの趣をかもすことができた。「毛吹草(けふきくさ)」(1638年)の第4巻に、加賀は
京都六条、和泉堺の海会寺(かいえじ)前、近江の樫田と並ぶ煎餅の名産地として紹介
されている。当時の加賀煎餅製造技術の高さを裏付ける資料であろう。

北國新聞 出版局 月刊「アクタス」より

【加賀ゆかりの菓子について】

この菓子は、加賀の菓子文化の歴史を再現するため特別に作られました。
そのため販売は一切しておりませんのでご了承くださいませ。

記・加賀百萬石 【加賀ゆかりの菓子】

現在発売中

B5版/185ページ/オールカラー
上製本/化粧ケース入り
定価10,000円(消費税込み)

お求めはこちらまで

百万石ゆかりの菓子 — @ 2008年3月26日 3:55 PM

創業嘉永二年 落雁 諸江屋
石川県金沢市野町3丁目1の38
電話:076-241-2854  FAX:076-247-1849