千家の寒紅梅

自らを菅原道真公の末裔と位置づけていた加賀藩主前田家は、天神信仰が篤く、
しばしば京都・北野天満宮で行われた菅公九百五十年祭にも、13代加賀藩主
前田斉泰公が助守の太刀を寄贈した記録が残っている。

この道真公の大祭の際、千家が執り行う献茶式に『寒紅梅』なる菓子が使われた。
禁裏御用の川端道喜が2月の菓子として製していた餅菓子である。前田家の
京都加賀藩役目方は、徹饌(てっせん)と共にこの菓子をいただき、9~11日かけて
金沢城二の丸御殿へ届けるのが習わしだった。

北國新聞 出版局 月刊「アクタス」より

【加賀ゆかりの菓子について】

この菓子は、加賀の菓子文化の歴史を再現するため特別に作られました。
そのため販売は一切しておりませんのでご了承くださいませ。

記・加賀百萬石 【加賀ゆかりの菓子】

現在発売中

B5版/185ページ/オールカラー
上製本/化粧ケース入り
定価10,000円(消費税込み)

お求めはこちらまで

百万石ゆかりの菓子 — @ 2008年3月26日 3:47 PM

創業嘉永二年 落雁 諸江屋
石川県金沢市野町3丁目1の38
電話:076-241-2854  FAX:076-247-1849